STAFF

スタッフ紹介

<ダンス療育クラス>

南 陽介:チーフインストラクター

minami

<JDAC認定 ダンス教育指導士・ダンス療育指導士>
<PCJ認定 ダンス療育インストラクター>
<中·高保健体育科教員免許資格>
<文科省後援団体 JDAC主催 第2回ダンス教育指導士コンクール 銅賞>

LOCKIN'とPOPPIN'をベースにJAZZやHIPHOPなど幅広いダンスを踊り、関東ダンスコンテスト優勝など大会やバトルでも優秀な成績を残す。また俳優としても舞台演出や出演、振付け師と定評がある。昨今では舞台「弱虫ペダル」などに出演。
障がいを持つ子ども達にダンスやSSTを通し自ら指導を行いながら、学校体育の苦手意識を持つ子供たちに楽しく克服していく為のプログラム開発·人材育成を担当。

平石 舞:インストラクター 《四ツ谷スタジオ 所属》

hiraishi

<元某大手テーマパークキャラクター>
<PCJ認定 ダンス療育インストラクター>


幼少期よりクラシックバレエと新体操を始め、東北大会、全国大会出場などを経験し、数々の大会で優勝、入賞の成績をおさめる。 
高校·大学ではストリートダンスに出会い、100人以上が所属するダンスサークルの振り付けなどを担当し、活動の幅を広げる。 
大学在学中に、子供向けミュージカルの全国ツアーにメインキャストとして参加、卒業後は某大阪テーマパークにてショーやパレードに出演。 
現在は自身の幅広いダンスの経験を生かし、発達障害を抱える子ども達に、ダンスを通してエンターテイメント性の高い療育指導を行っている。

渡辺健太郎:インストラクター 《芦花公園スタジオ 所属》

kentaro

<PCJ認定 ダンス療育インストラクター>

武蔵野大学 社会福祉学科を卒業。高校生のときからダンスを始め、現在もチームを組んで活動中。多くのイベントに出演している。 大学時代は振り付け師として活動。 現在もプレミア・ケア・ジュニアにおいて振り付けたダンスが多くある。個別·集団ともに多くのレッスンを誘導している。 
世田谷区ふるさと区民まつり、山形遠征など外部イベントを成功に収める。自身の持つダンススキルと療育とを融合させて、持ち前の人柄と合わせレッスンクオリティに定評がある。hiphopダンス9年 

中村 三奈子:インストラクター 《西荻窪スタジオ 所属》

nakamura

<PCJ認定 ダンス療育インストラクター>

インストラクター歴11年。テーマパークでショーダンサー、MCを経て上京 し、東京でもキャラクターとのイベントMCや ダンサーとして多数イベントに出演 。
主な経歴として、テーマパーク「スペースワールド」 。ゆず アリーナツアー  ラブ&ピーチ 。千葉ロッテマリーンズ 。フジテレビお台場冒険王 
東京ジョイポリス 。横浜みなとみらいピカチュウイベント。

真鍋 雄介:インストラクター 《三田スタジオ 所属》

manabe

<PCJ認定 ダンス療育インストラクター>

元USJダンサー。自身もダンサーとして現役でCM出演やバックダンサーとして多岐に活躍している一方で、振り付け師としてもCMやアーティストへの提供を行っている。
主な出演歴として、「青木隆治 武道館コンサート」「NHKホールコンサート」「おかあさんといっしょ ファミリーリーコンサート」などに、ダンサーとして多数出演。
エンタメ療育施設「プレミア·ケア·ジュニア 三田スタジオ」を中心に、ダンスインストラクターとして活躍し、その指導力の高さから、未就学児童を中心とした「個別レッスン」も担当。

三森 渚:インストラクター 《世田谷スタジオ 所属》

mimori

<PCJ認定 ダンス療育インストラクター>

玉川大学 芸術学部 パフォーミング·アーツ学科卒業。9歳から子どもミュージカル団体に所属し、様々な舞台に立つ。
振付、声楽を中心に、裏方も含め舞台に関する様々なことを学ぶ。サンリオピューロランドにて5年間、ミュージカルやパレード、ショーなどに出演。現在もサンリオ外部ショーに出演中。その他では、「おかあさんといっしょ スペシャルステージ」、「ハッピー!クラッピーショー」、「東京おもちゃショー」等にダンサー·MCとして出演。振付家としても活動中。

<演劇療育クラス>

南塚 康弘:マネージャー

minamiduka

<PCJ認定 ダンス療育インストラクター>
<PCJ認定 演劇療育トレーナー>
<元演劇集団キャラメルボックス>

ジャッキー·チェンに憧れ、高校卒業後、倉田アクションクラブに入所し、倉田保昭に師事。その後、演劇の世界に興味を持ち、「演劇集団キャラメルボックス」に入団。 数々の舞台に出演し、「また逢おうと竜馬は言った」では主演を務める。 惜しまれつつ退団後、フリーとしても「日本ろう者劇団」で殺陣指導をするなど、精力的に活動するも、 結婚を機に引退。 自身に脳性まひの子供が生まれたことで、障がいについて深く携わることに。 現在、これまでの経験を活かし、プレミア·ケア·ジュニアで「演劇療育」の統括マネージャーを担当。

高橋 美織:トレーナー 《四ツ谷スタジオ 所属》

Takahashi

<JDAC認定 ダンス教育指導士資格>
<PCJ認定 ダンス療育インストラクター>
<PCJ認定 演劇療育トレーナー>

京都市生まれ。5歳からクラシックバレエを始める。大学卒業後テーマパークダンサーとしてデビュー。その後作品を通してテーマを伝える事をしていきたいと強く思い役者に転身していく。現在はミュージカルや芝居、また子供達に向けた舞台で活動中。主な作品、ブロードウェイミュージカル「ぺてん師と詐欺師」、「歓びの歌」、「ドンジュアン」などの舞台から防犯劇、ショーなど多数。一方指導は2005年より開始。ジャズ、バレエをはじめ老人ホームに体操を提供。2013年からプレミアケアにて指導開始。現在はプレミア以外に医療施設でのストレッチ提供、大人からのバレエを指導している。

<専門スタッフ>

三宅 貴子:コーディネーター  《三田スタジオ 所属》

miyake

<PCJ認定 ダンス療育インストラクター>
<精神保健福祉士><社会福祉士>
<知的障害者福祉司>
<児童発達支援管理責任者>

福祉系の大学で、精神保健福祉を学び「がんセンター」でKWとして勤務。退職後、高齢者向け相談支援業務に従事する傍ら、ダンスに興味を持ち、都内スタジオでインストラクターとしても活躍。
2013年に「ダンス療育」を掲げるプレミア・ケア・ジュニアの立ち上げメンバーとして加わり、プログラム開発から相談支援業務など幅広く担当。
子供たちの個性を大切に、また保護者さまを含めた周囲との連携を大切に、児童発達支援管理責任者として活躍中。

肥田 亜純:コーディネーター 《世田谷スタジオ 所属》

hida

<介護支援専門員>
<社会福祉主事任用資格>
<児童発達支援管理責任者>

福祉系の大学で、児童相談所や児童養護施設にて実習を行い、卒業後は入所支援施設にて12年間勤務。様々な障害をお持ちの方たちの支援に従事していく中で、社会に出た後の支援や看取りを行う中でQOL(生活の質)について深く考えるようになり、子供時代の経験が大人になってから重要な役割を持っていると感じ、「エンタメ療育」を推進するプレミア・ケア・ジュニアに入社。
お子様の「困った」をひとつひとつ解決しながら、「その子らしさ」を大切に社会に出て行く準備を一緒にしていきたいと願っている。

山口 ひかり:コーディネーター 《芦花公園スタジオ 所属》

山口ひかり写真

<保育士資格>
<幼稚園教諭2種免許>
<児童発達支援管理責任者>

保育士として、長崎の保育園でADHDや自閉症スペクトラム、知的障害等の診断をもつ子供を主に担当し、7年半勤務。その後、東南アジアを中心に、約3年間、海外の学校やを歴訪。カンボジアでは障害児向けに指導した経験も持つ。多様なお子様の0~6歳までの成長を身近で見て感じてきた経験を元に、発達が気になるお子様が集団生活でどのような場面でつまずくのか?また、不安を抱えたままクラスでどのような立場にいるのか?などお子様に代わって、周囲に伝え理解を深めていくことが自身の役割だと感じている。子供たちが自己肯定感をもって豊かな生活を送れますよう、ひとりひとりに合ったより良い方法を子供たち、保護者様と共に見つけるお手伝いを目的に児童発達支援管理責任者として従事している。

<スクール:ダンス療育指導士クラス>

菅 裕介:チーフトレーナー

kan

<JDAC認定 ダンス教育指導士・ダンス療育指導士>
<PCJ認定 ダンス療育インストラクター>
<文科省後援団体 JDAC主催 第1回ダンス教育指導士コンクール 準決勝>

幼少期に患った難病のリハビリとしてダンスに出会い、ストリートダンスを始める。HIPHOPを中心に活動し、数多くの大会やコンテストに出場。その後は活動の幅を広げ、海外有名アーティストと共にイベントを主催し、アートとダンスのコラボレーションイベントなどにも参加。現在では自身の経験を活かし、ダンスと療育を掛け合わせた「ダンス療育」という新しいジャンルで、子ども達に対する指導をはじめ、プログラム開発や人材育成を担当。

剱持 穂図美:トレーナー

kenmochi

<PCJ認定 ダンス療育インストラクター>

幼少期から器械体操をはじめ、学生時代にはインターハイ、国体にも出場。高校卒業後ダンスと出会い、ジャズダンスを通して様々な活動を行う。その後、約20年間、東京の某有名テーマパークのダンサーとして、ステージやショー、パレード、全国ツアーを数多くこなす。
いままでの経験を活かし、2013年より「プレミア·ケア·ジュニア 西荻窪スタジオ」でメインダンスインストラクターとして活躍する傍ら2017年から「ダンス療育指導士養成スクール」のトレーナーとしても活躍中。

平出 陽子:トレーナー

hiraide

<PCJ認定 ダンス療育インストラクター>

東京のダンス専門学校を卒業し、様々な舞台や指導を経験。アーティストのMVの振付等を手掛け、自身もダンサーとして出演するなど、活動の幅を広げている。現在も地元福島にて、3歳~70歳の方々に幅広くダンスを指導し、世代を問わず支持されている。
2015年より、「プレミア·ケア·ジュニア 芦花公園スタジオ」で、メインダンスインストラクターとしても活躍し、更に2017年から「ダンス療育指導士養成スクール」のトレーナーとしても活躍中。
モダンバレエ20年、ジャズダンス10年、民族舞踊1年と幅広いジャンルの経験を持ち、持ち前の包容力や指導力で子供たちから慕われるインストラクターとして活躍中。